羊蹄丸(ようていまる)
新居浜 黒島埠頭にて 5/24

羊蹄丸 旧青函連絡船 最後の一般公開が有り見学に行ってきました。
高速を使って約1時間の道のりです


羊蹄丸(2代目)1965年(昭和40年)から1988年(昭和63年)まで 日本国有鉄道(国鉄)および北海道旅客鉄道
(JR北海道)の青函航路に就航していた 鉄道連絡船である。

羊蹄丸ひげの船長さんロボット

船内には地元新居浜祭りのポスター    船内レストラン

操縦室

昔懐かしい青森の町へタイムスリップ青函ワルード内
私はこの再現された所が一番感動しました。


大きな荷物を背負って連絡船に急ぐ(かつぎ屋さん)の親子

青森駅でホームで東京に向かう見送りに手を振っています

切符を買う親子 酔っ払い?のおじさん


安いよーと声かけるおかみさんと古着屋さん

これはネットのお友達青ちえちゃんが描かれたお絵描きお借りしまた

ちえちゃんが以前描かれた青森の思い出の絵本もお借りしました
見て下さいね


羊蹄丸見学後、別子銅山後 東平に行く

大正18年開業 昭和48年閉山

220段の階段   100段 エッー後120段 しんどいよ


このような看板がいくつもありました〜怖いです 東平に行くまでの道中、これまた怖かったです




銅山貯蔵庫後

この東平には資料館、保安本部 変電所などが有るのですが時間が遅くなり
銅山貯蔵庫後の見学のみ

東平の帰り道マイントピア別子で鉱山鉄道に乗り観光坑道を見学





マイントピアで温泉に帰りは夕陽出る頃家路に21時頃小さな小旅行でした


inserted by FC2 system